【高級】メンズハイブランドダウンジャケット人気ランキング33選

厳しい寒さの中でも暖かくしてくれるダウンジャケットがないと、寒いし風も強い中外出するのは嫌になりますよね。ですが、ダウンジャケットもいろんなブランドがあるけど、

  • おしゃれなダウンジャケットブランドってどれ?
  • どのダウンジャケットブランドが暖かいの?
  • 流行りのダウンジャケットブランドってどれ?

そんな悩みを持った人の為に、この記事ではメンズに人気のダウンジャケットブランドを33選紹介しています。

細身のダウンジャケットブランド、本格的な防寒のブランド、コスパ重視の手軽に買えるダウンジャケットブランドなど、メンズにおすすめのダウンジャケットブランドで今年の冬もおしゃれに暖かく過ごして下さい。

高級細身ダウンジャケットメンズブランド人気ランキング7選

メンズに特におすすめするファッション性も保温性も高い細身メンズダウンジャケットブランドを5つ紹介します。

ダウンジャケット専門のブランドではないものもありますが、人と被りにくく、高品質なのはもちろん、都会的な細身シルエットが綺麗なカジュアルになり過ぎない大人の高級ダウンジャケットなので是非チェックしてみて下さい。

1位 Moncler(モンクレール)

出典:https://www.arknets.co.jp/

Moncler(モンクレール)はいわずと知れたダウンジャケットでメンズでも人気の高級ブランドです。保温性が高く高品質なのはもちろん、ファッション性も兼ね備えたブランドです。流行した時期もあって多くの人が持っていますが、高品質でとても良いブランドなので持っておいて損のないブランドです。さまざまな人気モデルが出ており好みの1着を見つけれると思います。

2位 The Viridi-anne(ザ・ヴィリディアン)

出典:https://www.realisent.jp/jp/

聞いたことのない人が多いブランドではないでしょうか。モードのブランドで少し癖のあるシルエットをした服が多いです。このブランドが出すダウンジャケットは写真の物が特におすすめしているものです。シンプルですが、ゆがんだジップラインや首元にボリュームがあったりなど、バランスの取りやすいデザインです。かなり細身でブラックという色もあってカジュアルになりがちなダウンをモードよりにしてくれます。ショート丈なのでインナーを出してレイヤードすることで更にデザインが活きてきます。

3位 wjk(ダヴルジェイケイ )

出典:https://www.wjk.jp/index.html

wjk(ダウンジャケット)は日本のメンズブランドでダウンジャケットもミリタリーよりのアイテムが多くあるブランドです。このメンズブランドから出ているダウンジャケットは王道のシルエット、かつダウンの配合も高く高品質です。細身で癖のないデザインなので取り入れやすいと思います。また同じデザインでダウンベストも人気です。

4位 MACKINTOSH(マッキントッシュ)

出典:https://www.farfetch.com/

イタリアの高級ブランドのMACKINTOSH(マッキントッシュ)。コートなどが有名ですが、同じくダウンジャケットは英国ブランドらしく品よく、プライベートにもビジネスにも使えるデザインが人気です。もちろん品質も良く暖かいので、真冬でもしっかり使えるメンズダウンジャケットブランドとして、また防寒着としても抜群のブランドです。

5位 rickowens(リックオウエンス)

rickowens(リックオウエンス)はかなり特徴的なメンズのハイブランドで好き嫌いが分かれるブランドでしょう。モードの王道でダウンジャケットも出しています。高品質で良いダウンを使っているのでダウンパワーが高く、ふくらみのあるシルエット、そして長めの丈が多いので少しハイセンスな人でないとコーディネートの仕方に迷うかもしれませんが、高級ハイセンスブランドなので是非チェックしてみて下さい。

6位 ATTACHMENT(アタッチメント)

出典:http://www.attachment-ec.com/

ATTACHMENT(アタッチメント)のダウンジャケットはここで紹介するメンズのダウンジャケットブランドの中で1番シンプルなブランドです。アウター類も一切の無駄なデザインをそぎ落としたかのようなデザインで細身なものが多いです。紹介するダウンジャケットも超シンプル。首元にボリュームがあるので防寒性もばっちりです。丈が短めなのでインナーを出してレイヤードしてもおしゃれです。

7位 SEALUP(シーラップ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

SEALUP(シーラップ)はイタリアブランドで、イタリアでは超有名なメンズブランドです。主にダウンジャケットやコートなどのアウターを得意としており、英国の高級アウターブランド達が当ブランドの生産工場を選ぶなどその実力は折り紙付きです。もちろんダウンジャケットも出しており、英国らしくテイラードジャケットのデザインでダウンジャケットを出すなど品も良いのでおすすめです。

世界一暖かい高級ダウンジャケットメンズブランドランキング12選

ここではおしゃれはもちろん防寒対策にも力を入れてるダウンジャケットのメンズブランドを紹介していきます。ファッション性も兼ね備えたブランドもあるので是非この中からお気に入りのブランドを見つけて下さい。

1位 KANADA GOOSE(カナダグース)

出典:https://www.canadagoose.jp/

KANADA GOOSE(カナダグース)は少しずつ着ている人が多くなってMoncler(モンクレール)に次ぐ人気を博しているブランドです。ブランドロゴを見る機会も多いのではないでしょうか。KANADA GOOSE (カナダグース)はファッション性もあるのですが、どちらかと言えば機能性や防寒対策に重点に置いたブランドです。極寒地域や登山などの為に作られており、その防寒性は一流です。寒さ対策を1番に考えてダウンジャケットを探している方はまずこのブランドをチェックしてみてはどうでしょうか。

2位 WOOLRICH(ウールリッチ)

出典:https://www.woolrich.jp/

WOOLRICH(ウールリッチ)というブランド名からも分かるように、高級な毛で作られたダウンジャケットが出ています。着丈が長めでスーツの上からでも着れるような上品でモッズコートのようなデザインのダウンジャケットが多くあるブランドです。「アークティックパーカー」というモデルが個人的におすすめで、ビジネスシーン、プライベートシーン両方で使えて防寒性もある便利な1着です。

3位 TATRAS(タトラス)

出典:https://www.strada-est.com/

ダウンジャケットで名の通ったブランドと言えばTATRAS(タトラス)も有名なブランドです。似ているブランドでデュベチカなどと比較されますが、品質はどれも良いです。その違いはデュベチカはカジュアル、TATRAS(タトラス)は大人な感じのブランドです。TATRAS(タトラス)はダブルタイプのダウンもあるので少し大人で落ち着いた感じで着たい人はTATRAS(タトラス)を選ぶといいと思います。細身のシルエットなので着ぶくれもしにくいデザインになっています。

4位 DUVETICA(デュベチカ)

出典:https://duvetica.fen.co.jp/

DUVETICA(デュベチカ)はMoncler(モンクレール)に並ぶ高品質なダウンジャケットブランドです。ただ、日本での知名度はMoncler(モンクレール)ほどはないので人と被ることは少ないでしょう。品質は申し分なく、高級グースダウンを使用しています。デザインはフードの部分にまでジップがついていたり、裾の部分のリブが内側についているデザインがあったりと他のブランドではない物があります。

5位 MOORER(ムーレー)

出典:http://www.ring-store.jp/

MOORER(ムーレー)は大人なデザインのブランドです。ジャケットやコートのようなデザインもあり細身なのでカジュアルになりすぎずかっこいい大人にこそ着てほしいブランドです。そのデザインからビジネスシーンにも使えるので公私ともに便利なブランドです。高級ブランドゆえ高額になりますがその品質、デザインから長く使えるものなので自分へのプレゼントとして1着どうでしょうか?

6位 HETREGO(エトレゴ)

出典:http://aimsgallery.jp/archives/5843

HETREGO(エトレゴ)のダウンジャケットは着丈が長めのものが多くコートのように着れて保温性が高く、女性にも人気があります。もちろん高品質なのですがダウンジャケットの価格が他のハイブランドより少し安く10万程でも購入できるのでおすすめです。

7位 Cape Heights(ケープハイツ)

出典:https://www.arknets.co.jp/

Cape Heights(ケープハイツ)は生地のファブリック(組成)にも力を入れているブランドです。表地のファブリックはポリエステル80%、コットン20%の80/20クロス(ニ―ハチクロス)という配合になっており、摩耗に強く撥水性も高い生地になっています。

8位 MONOBI(モノビ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

MONOBI(モノビ)はベステ社の創始者であるGiovanni Santiが立ち上げたブランドです。ベステ社はルイヴィトン、プラダ、バーバリーなどに生地を提供していたブランドです。それもあってモノビも生地 にもこだわっており防風、保温、防水、透湿の機能が備わっています。

9位 POLEWARDS(ポールワーズ)

出典:https://www.polewards.com/

POLEWARDS(ポールワーズ)はメイドインジャパンで高機能はもちろんのこと国内生産にこだわっている為、品質のわりに価格もおさえられています。日本人の体形に合わせたフィッティングなので日本人の為のダウンブランドです。

10位 HERNO(ヘルノ)

出典:https://onlinestore.barneys.co.jp/

HERNO(ヘルノ)は中綿はもちろん表生地もカシミヤなどの高級素材を使っているダウンジャケットブランドです。着るとわかるシルエットの美しさからメンズだけでなく女性にも人気があり、セレクトショップでも完売も多数ある高級人気ブランドです。

11位 PEUTEREY(ピューテリー)

出典:https://zozo.jp/

イタリアの高級メンズダウンジャケットブランドです。ダウンも高品質なのはもちろんのこと、部位ごとにダウンの分量を調整してシルエットを綺麗に見せたりなど細かい部分にも力を入れているダウンジャケットブランドです。

12位 EMMETI(エンメティ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

EMMETI(エンメティ)はスポーティかつエレガントなダウンジャケットが多くありブランドです。上質なファーをあしらったものやダウンジャケットにムートンを使ったムートンダウンなどエレガンスさがあるダウンジャケットで人気のメンズブランドです。

芸能人も愛用ダウンジャケットメンズブランド人気ランキング4選

高品質なのはもちろん、芸能人も愛用しているおすすめのダウンジャケットのメンズブランドをランキングで3選紹介します。

芸能人も愛用しているダウンジャケットブランドで流行の最先端を目指してください。

1位 STONE ISLAND(ストーンアイランド)

出典:https://www.stoneisland.com/jp

STONE ISLAND(ストーンアイランド)は都会的でおしゃれなデザインが揃っているブランドです。あまり名は知られていませんが、芸能人愛用していたりで着やすいブランドです。素材やカラーリング、織りにもこだわっている職人気質のブランドです。

2位 MOOSE KNUCKLES(ムースナックルズ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

MOOSE KNUCKLES(ムースナックルズ)はシンプルでありながらシンプル過ぎないワンポイントあるデザインなので、単調になるコーディネートにもってこいの高級ダウンジャケットブランドです。品質面、防寒性も文句なく海外でも芸能人やセレブに人気の大注目のメンズブランドで個人的にも気になるブランドです。

3位 THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

出典: https://www.goldwin.co.jp/tnf

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)はアウトドアカジュアルブランドです。「バルトロ」や「マウンテンダウン」というモデルのダウンジャケットはすぐに売り切れるほどの人気で、ファンが多くいるブランドです。ファッション性も高くカジュアルに着こなしたいメンズにおすすめのダウンジャケットブランドです。上記の様な人気のモデルは事前にチェックしておかないと購入できないかもです。

4位 PYRENEX(ピレネックス)

出典:https://www.frame.jp/

PYRENEX(ピレネックス)は元々ピレネックス社という会社が鳥の羽毛を使い、掛け布団などの寝具を作っています。その寝具でも使われているダックの羽毛は高い保温性を誇ります。高品質でも価格は低めで、最近ではセレクトショップでも販売されている注目のメンズダウンジャケットブランドです。

スポーツ・アウトドアダウンジャケットメンズブランド人気ランキング10選

最後に紹介するのはスポーツ・アウトドアブランドなどの本格的に防寒や機能面を追求したブランド達です。日本ではあまり知られていないブランドも多くあるので、人と被らずに防寒したい人におすすめです。

1位 Nobis(ノビス)

出典:https://www.matchesfashion.com/jp/

Nobis(ノビス)は元カナダグースの副社長が立ち上げたブランドです。シンプルで機能性もありシルエットもコンパクトなのでコーディネートしやすいブランドです。品質面も丁寧に仕上げられて、ダウンもダックダウンを使われているので防寒性もばっちりです。写真のダウンジャケットはリバーシブルになっていたりと考えられているブランドです。

2位 ROSSIGNOL(ロシニョール)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

ROSSIGNOL(ロシニョール)はフランスのスキーメーカーブランドです。表、裏地など随所にスポーティーなデザインがありカジュアルになっていますが、シルエットは綺麗で合わせやすいと思います。

3位 Zanter(ザンター)

出典:https://zozo.jp/

Zanter(ザンター)は南極観測隊の為に作られている日本のダウンジャケットブランドです。厳しい環境での使用になるので防寒性はもちろん風が入らないようになっていたり蒸れ防止や表地の耐久面についても考えられているのでアウトドアにもピッタリのダウンジャケットです。

4位 Fjallraven(フェールラーベン)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

Fjallraven(フェールラーベン)は耐久性に優れたダウンジャケットブランドで、買い替える必要がないと言われるくらいです。また流行に左右されることのないデザインと機能的な構造なので、真冬でも安心の防寒機能を備えているアウトドアダウンジャケットです。

5位 ASPESI(アスペジ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

イタリアのブランドで品質が良くシンプルなので、あなたの普段の服にすんなりなじんでくれると思います。セレクトショップなどにも取り扱われたりと、おしゃれなメンズに人気なブランドです。

6位 NANGA(ナンガ)

出典:https://zozo.jp/

登山用寝具・羽毛商品メーカーのアウトドアの国内ブランドでメンズダウンジャケットも出しています。セレクトショップでもどんどん人気になっており、他ブランドともコラボしたりなど注目のダウンジャケットブランドです。

7位 FAY(フェイ)

出典:https://www.buyma.com/

FAY(フェイ)はアメリカのブランドで、消防士の服をもとにしてデザインされたメンズダウンジャケットブランドです。機能性、耐久性がありシンプルなデザインなのでイタリアを中心にヨーロッパメンズにも人気です。

8位 Rocky Mountain Featherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)

出典:https://zozo.jp/

元々カウボーイ向けの防寒着ブランドでしたが無くなってしまいますが、再復活します。再復活前から人気を博していた一枚革のヨークダウンベストや首元の天然ムートンなど防寒性もばっちりのメンズダウンブランドです。もちろんダウンジャケットもあります。

9位 MISBHV(ミスビヘイブ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

MISBHV(ミスビヘイブ)はポーランドのブランドで、女性デザイナーのナタリア・マクゼック氏が友達に服などを作っていくうちに本格化して立ち上がったブランドです。注目はそのデザインで、ロックテイストやメッセージ性のあるものが多く、注目されているストリートブランドです。

10位 patagonia(パタゴニア)

出典:https://search.rakuten.co.jp/

patagonia(パタゴニア)は軽量ダウンが人気のダウンジャケットのメンズブランドです。通常アウターとしてのアイテムですが薄手なのでインナーとしても使える便利なダウンジャケットです。冬では寒くてできないコーディネートでもインナーにこのダウンジャケットをはさむことで我慢なくファッションを楽しむことができます。

2020年ダウンジャケットメンズおしゃれコーディネート

あなたはダウンジャケットを購入してどのように着こなしたいですか?

大人にモード風、アウトドア風に、カジュアル風など色々ありますが、それを考えた上で購入する事が大事になってきます。

実際に着こなし写真ともにコーディネートを見ていきましょう!

細身モードのコーディネート

出典:https://wear.jp/

僕が個人的に好きなwjk(ダヴルジェイケイ )というブランドのダウンジャケットのコーディネートです。

細身でボリュームを抑えたダウンジャケットとインナーにチェックシャツを持ってきて差し色をつけています。

パンツも同色の物を持ってモード感を出しつつもロールアップしてカジュアル要素を出したりと、足し算と引き算を上手くしているコーディネートです。

ダウンジャケットは細身でボリュームを抑えたデザインは合わせやすいのでシルエットに迷っている人は是非参考にしてみて下さい。

カジュアルコーディネート

出典:https://wear.jp/

ダウンジャケットという物自体がカジュアルなものなので何も考えていないとすごくカジュアルになってしまいます。

ですが、上記のコーディネートは、黒のダウンジャケットをコンパクトに着て、細身の黒のパンツを履いています。

カジュアルとモードを上手く中和していますね。

因みにダウンジャケットを少しショート丈で着て中のインナーを裾から出すとバランスが取りやすいです。

上下が黒でもインナーを出して単調な色にアクセントをつけていますね。

出典:https://wear.jp/

こちらは先ほどよりカジュアル寄りのコーディネートです。

ダウンジャケットもボリュームがありデニムもゆとりのあるシルエットなのでカジュアル感が強いですが、ブルー系の同色で合わせてうまく統一感を出しておしゃれにコ―ディネートしています。

首元にボリュームがあるダウンジャケットは視線が上にいくのでバランスが取りやすく、着こなしに立体感がでます。

ダウンジャケットって?

ダウンジャケットとは羽(フェザー)と羽毛(ダウン)をダウンパックという袋に入れて衣類に詰めたものです。

フェザーやダウンを直接衣類に入れないのは、衣類から出てきてしまう為です。

このダウンの中に含まれる空気が暖められて保温性が出るという仕組みです。

ダウンは空気を含んでいるので、当然コートなどのアウターよりボリュームが出ます。

コーディネートの時にこのボリュームを気にする人もいますよね?

僕もボリュームがあるダウンジャケットは合わせにくい感じなので、買う時に気にするポイントの1つです。

高品質ダウンジャケットの選び方

ダウンジャケットを選ぶうえでシルエットも大事ですが保温性が高い物を選びたいですよね!保温性が高い物を選ぶポイントは、

  • ダウンの種類
  • フェザーとダウンの配合率
  • ダウンパワーの数値

になります。

上で話した通りダウンには羽(フェザー)と羽毛(ダウン)の2種類が入っています。これらは機能が異なりそれぞれに意味があります。

ダウンジャケットの中綿(ダウン)に使われる動物は主にダック(アヒル)もしくはグース(ガチョウ)が使われます。

フェザー

フェザーとは羽の事を指し、役割は通気性を良くしたり、形状の維持になります。 フェザーが入っていないとダウンジャケット内のダウンが片寄り過ぎたりしてシルエットが悪くなります。 保温性はなくフェザーの配合が多いとあまり暖かくないです。

ダウン

こちらは毛のことです。 一般的にダックよりグースのダウンの方が高価です。 ダックは雑食性なので臭ったりすることもあり、ダウンパワーが低めです。比べてグースダウンは草食性なので臭わず、ダウンパワーが高いので保温性が高いです。 マザーグースという更に高品質な物もあります。保温性が更に高くなります。

配合率

ダウンとフェザーの配合率によって保温性がかなり変わります。

ダウンが保温性の効果があるので、これが多く入っていないと暖かくなりません。

おすすめの配合率はダウンは80~90%、フェザーが10~20%です。

服についているタグを見ると書いていますが、ハイブランドだとダウンの配合率は80~90%がほとんどです。

因みにダウン100%というのはありません。保温効果がないのになぜフェザーを配合に入れるのか?

それは、フェザーには形状の維持の役割を担っているからです。

なのでダウン100%だとジャケットのシルエットが綺麗な状態を維持できなくなる為若干でもフェザーが入っているというわけです。

ダウンパワーとは?

ダウンパワーとは簡単に言うとダウンのふわふわ度を表しています。

同じ重量を取ってもより膨らみが大きい方がダウンパワーが高い、という事になります。ダウンパワーが高い方が空気を多く含む為保温性が高くなります。

ダウンパワーは数値で表され単位が(dp)になります。一般的に400dp以上が高級とされています。

高品質ダウンジャケットの選び方まとめ

これらをまとめて最も良く保温性が高いダウンジャケットは、

  1. ダウンはグースダウン(マザーグースは更に高級)
  2. 配合率はダウン80~90%、フェザー10~20%がおすすめ
  3. ダウンパワーは400dp以上が高級

これら3つをおさえておけば高品質のダウンジャケットを購入できるでしょう!

まとめ

記事を読んで頂き以下の答えが見つかったでしょうか?

  • おしゃれなダウンジャケットブランドってどれ?
  • どのダウンジャケットブランドが暖かいの?
  • 流行りのダウンジャケットブランドってどれ?

ダウンジャケットを購入する上で人によって大事な部分は違うと思います。これまで紹介したメンズダウンジャケットのブランドもそれぞれ特徴や強みが違うので、自分好みの1着を見つけてみて下さい。

また、私のサイトでは他にも価格が安いダウンジャケットブランド記事、メンズ服ブランドを見たの記事もなどもありますので、興味があれば是非ご覧ください。

安いダウンジャケットブランドの記事はこちら↓

メンズ服ブランドランキングの記事はこちら↓

最初のコメントをしよう

必須