2020年コスパ最強のメンズダウンジャケット!おすすめの安いメンズブランド17選

冬のアウターで代表的なものはダッフルコート、Pコート、スタジャンなどありますがその中でも高い防寒性を誇るのがダウンジャケットです。

しかし、ダウンジャケットでも高額なものだと10万円を超えてなかなか手の届かないブランドが多いですよね。

そんなメンズダウンジャケットでも様々な安いおすすめのブランドがあります。中でも安いだけじゃなく、コスパが良く機能面にも優れたダウンジャケットはたくさんあるので、この記事で安くておしゃれなダウンジャケットを見つけて下さい。

コスパ最強!2万円代以下で買える安いおすすめダウンジャケットブランド8選

UNIQRO(ユニクロ)

出典:https://wear.jp/

コスパ抜群ダウンジャケットと言えばUNIQRO(ユニクロ)ではないでしょうか。UNIQRO(ユニクロ)ダウンジャケットはメンズもレディースも値段以上に品質が高く1万円以下で買えて破格の安さなので要チェックです。私服などはもちろん、スーツなどでも使えるインナーダウンとして着れるダウンジャケットもとても便利です。

安く、暖かいダウンが欲しい。という人はUNIQRO(ユニクロ)のダウンジャケットをチェックしてみて下さい。

無印良品

出典:https://www.muji.com/

ファッションに限らず様々な雑貨や家具などもお手頃価格で扱っている無印良品からもダウンジャケットは出ています。フィルパワーを上げたダウンであったり、流行にそったシルエットにするなど毎年改良されています。

値段も1万円以下で買えるのでUNIQRO(ユニクロ)と同じくコスパは最強クラスです。

GU(ジーユー)

出典:https://www.gu-japan.com/jp/

低価格でファッションを楽しめるGU(ジーユー)はUNIQRO(ユニクロ)や無印良品に匹敵する低価格でダウンジャケットが買えます。

1つのモデルでも色味も多いので好みに合わせて買うことができます。

OUTDOOR(アウトドア)

出典:https://zozo.jp/

OUTDOOR(アウトドア)は知っている人も多い、ブランド名の通りアウトドアのブランドです。1万円代という安い価格でダウンジャケットが買えます。デザインは人気のTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)のバルトロライトジャケットのデザインと似ているので、合わせて人気があります。

mont-bell(モンベル)

出典:https://www.amazon.co.jp/

mont-bell(モンベル)も高品質なブランドでEXダウンというボリュームのあるダウンで空気を多く含むので抜群の保温性があります。また、薄手のダウンジャケットもありインナーとしても使用できるモデルもあります。軽量で薄手でも長く着れるように丈夫な作りをしているので長く使用できますね。

grn(ジーアールエヌ)

出典:https://zozo.jp/

コットン60%、ナイロン40%の生地から作られた撥水、透湿に優れた表地と、ワークなデザインがアクティブな環境でも対応してくれるダウンジャケットを作っているブランドです。 暖かいダウンジャケットが1~2万円の安い値段で買えるおすすめです。 セールなどもしているので更に安くなることもあり、コスパが良く手軽なメンズファッションのコーディネートに最適です。

TAION EXTRA(タイオンエクストラ)

出典:https://balance-style.jp/

このブランドはダウンジャケットブランドですがインナーダウンを専門で扱っているブランドです。中には携帯の充電用コードをつないでダウンジャケット内部にある電熱線で温めてくれるという電気毛布の様な機能「ヒーティング機能」がついているモデルもあります。

価格も1万円以下からヒーティング機能のモデルでも2万円代というコスパ抜群の安いダウンジャケットブランドです。

ユナイテッド東京

出典:https://zozo.jp/

当ブランドのダウンジャケットはアメリカの羽毛ブランドのダウンで、厳しい基準をクリアしたものを使用しているので品質がかなり高いです。ダウンの種類もグースでフィルパワーも高い物を使用しています。これで2万円代で購入できるので安くておすすめのブランドです。

3万円代以下で買える安くて暖かいおすすめダウンジャケット9選

上記より少し価格は上がりますが2万円~3万円代以下という安い価格で暖かくかっこいいダウンジャケットのおすすめブランドを紹介していきます。

主にアウトドアブランドになるので防寒性はもちろん機能面も充実している一石二鳥な安いダウンジャケットをご覧ください。

Millet(ミレー)

出典:https://www.amazon.co.jp/

Millet(ミレー)はスポーティーなデザインが特徴的なダウンジャケットブランドです。価格は高額なものもありますがその分暖かく、2万円代でも買えるものもあるので、是非一度見てみてはいかがでしょうか。

ARCTERYX(アークテリクス)

出典:https://arcteryx.com/

ARCTERYX(アークテリクス)はアウトドアブランドで様々なダウンジャケットが出ています。軽量でコンパクトなダウンジャケットのモデル「LT」、アクティブな状況でも使いやすい耐久性も備えるダウンジャケットモデル「AR」、最も防寒性があり厳しい冬などでも使えて耐久性もあるダウンジャケットモデル「SV」などがあります。

高額なものが多い中薄手のアウターなら2万円代でも購入できますので確認してみて下さい。

Columbia(コロンビア)

出典:https://www.columbiasports.co.jp/

Columbia(コロンビア)のダウンジャケットはワークテイストダウンジャケットが多くそろっています。写真の物はマウンテンパーカの様で中綿もあるので暖かく、撥水や透湿にも優れて雨や雪などの厳しい環境でも対応してくれます。値段も3万円代で購入できる人気の安いダウンジャケットがあります。

Haglofs(ホグロフス)

出典:https://zozo.jp/

Haglofs(ホグロフス)の写真のダウンジャケットはダウンボールではなく化学素材を使用した保温性に優れた安いダウンジャケットに仕上げてます。軽量でアクティブな環境でもおしゃれにコーディネートできるメンズブランドです。

WILD THINGS(ワイルドシングス)

出典:https://zozo.jp/

軽く、タフをテーマとしているメンズブランドのWILD THINGS(ワイルドシングス)のダウンジャケットは表地は防風や伸縮がある生地を採用したり、登山家にも愛用されている安い価格でありながら本格的なダウンジャケットです。

SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)

出典:https://zozo.jp/

SIERRA DESIGNS(シエラデザイン)からは中綿の入ったライナー付きのダウンジャケットのようにも使えるマウンテンパーカーの紹介です。ライナーの有り、無しなどで3タイプの着回しができる便利なタイプです。

マウンテンパーカーと言えど中綿が入っているので暖かく、ダウンジャケットよりボリュームを抑えれるので、コーディネートもしやすくおすすめのブランドです。もちろん通常のダウンジャケットもあります。

UNIVERSAL OVERALL(ユニバーサルオーバーオール)

出典:https://zozo.jp/

ワークウェア、アメカジを中心に出しているカジュアルブランドです。カジュアルウェアブランドらしく耐久面についても考えられています。シルエットも少しボリュームがあるので、そういったブランドが好きなあなたにおすすめです。

SLICK(スリック)

出典:https://zozo.jp/

シンプルで機能的なデザインの服を出しているブランドです。ダウンジャケットもシンプルかつシルエットもボリュームを抑えられているのでコーディネートを選ばずに着れます。

CHUMS(チャムス)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

CHUMS(チャムス)はスウェットの様な着心地でありながら耐久性と撥水性を兼ね備えたダウンジャケットを出しています。また、上にコートなどを着てインナーダウンジャケットとしても使えるので幅広く使用できるのもポイントです。

価格も2万円代とコスパも抜群の安いダウンジャケットブランドです。

まとめ

今回紹介したダウンジャケットは2万円代以下で購入できるダウンジャケットブランドを中心に紹介しています。

冬のアウターの中では抜群に安く、防寒性も兼ね備えているので冬に活躍するものばかりです。手軽に買えるダウンジャケットブランド達で今年の冬もリーズナブルに乗り切って下さい。

僕のサイトでは他に高級有名ダウンジャケットブランド、世界一暖かいダウンジャケットブランド、芸能人も愛用のダウンジャケットブランドなどをまとめて書いた記事も用意しています。

高額な分、最高の品質・防寒性を保証してくれるメンズダウンジャケットばかりですので、ご興味があればご覧ください。↓

最初のコメントをしよう

必須