メンズジーンズブランド人気ランキング39選|おしゃれデニム一覧

今やジーンズはメンズファッションには欠かせない服になっています。でも数あるメンズジーンズブランドでそれぞれどんな特徴があるか知ってるでしょうか。

様々な種類がある中で、お店でジーンズを履いてみてもどのジーンズがいいのかわからなくなってしまいますよね?しかし、1つ1つのブランド店を巡るわけにもいきません。

このようなジーンズ選びで迷っているあなたの為に、数あるブランドの中でもそれぞれの項目別でおすすめブランドを合計39選びましたので、自分に合ったジーンズブランドを見つけ出して下さい。

【ダメージデニム】メンズジーンズブランドランキング10選

まずはメンズでもかなりの人気をほこるダメージジーンズブランドを10選用意しました。

お手軽に買えるブランドから、中には高額なジーンズや海外セレブにも人気のブランドまで様々なブランドがあります。

ダメージのレベルやシルエット、値段も様々なのであなたに合ったダメージジーンズブランドを見つけて下さい。

1位 Dsquared2(ディースクエアード)

出典:https://www.buyma.com/

Dsquared2(ディースクエアード)はメンズに人気のジーンズが有名のイタリアのブランドです。

人気の理由は色落ち加工に定評があります。色落ち加工以外にもクラッシュ加工、パッチワーク加工などかっこいいメンズジーンズがそろっていて、他の海外高級ブランドではあまりないのでおすすめです。

2位 HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)

出典:https://zozo.jp/

HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)はハードな色落ち加工、クラッシュ加工やスタッズなどロックテイストの強い男らしいジーンズを作っています。

他のブランドだとシンプルなものが多いですが、 HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)はこういったデザイン性が強いブランドなのでかっこいいロックテイストが好きな人におすすめのブランドです。

3位 AMIRI(アミリ)

出典:https://www.buyma.com/

スキニーの様な細さとでハードなダメージ加工のジーンズを出しているのがAMIRI(アミリ)です。

高額でハードな加工なので少し敷居が高いかもしれません。しかし、品質も高くクオリティの高い加工が他にないジーンズなのでおすすめです。

4位 DIESEL(ディーゼル)

出典:https://www.buyma.com/

言わずと知れたイタリアのメンズジーンズブランドのDIESEL(ディーゼル)。ジーンズの種類もダメージジーンズからノンウォッシュのタイプまで様々なので、探しているジーンズが見つかると思います。

ダメージ加工のジーンズでも3万円~4万円ほどで買えるので比較的コスパが良いです。ただ、知名度ゆえに他の人と被りやすいです。

5位 n(n) BY NUMBER (N)INE(エヌエヌバイナンバーナイン)

出典:https://zozo.jp/

n(n) BY NUMBER (N)INE(エヌエヌバイナンバーナイン)は全体的に少しルーズなジーンズを出しています。ジーンス好きなメンズにはたまらない岡山産の生地を使っていたりと本格的な仕様にもなっています。

n(n) BY NUMBER (N)INE(エヌエヌバイナンバーナイン)ならではの独特のダメージ加工、シルエットは他のブランドではないので1度見てみて下さい。

6位 KSUBI(スビ)

出典:https://www.ssense.com/ja-jp

KSUBI(スビ)はロックテイストとモードをあわせもつブランドです。クラッシュ加工していたり、色落ち加工していたりと随所にロックテイストも見受けられます。

腰のあたりにはKSUBI(スビ)のアイコンの十字のマークがいくつもついており、ポイントになっています。

7位 TMT(ティーエムティー)

出典:https://zozo.jp/

TMT(ティーエムティー)はハードなクラッシュ加工で男らしい印象のジーンズを出しています。シルエットは程よくテーパードが効いていて今風のシルエットなので着こなしやすくなっています。

ドラマで芸能人も着用していたりするので、ジーンズ好きに人気の大人のアメカジジーンズブランドです。

8位 PRPS(ピーアールピーエス)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

PRPS(ピーアールピーエス)は少しハードな加工ジーンズを出しています。少しゆったりしたシルエットで男っぽいデザインです。ベッカム氏やブラットピット氏など海外セレブも好んでいるブランドです。

こちらもアメカジジーンズブランドで、男らしいコーデが好きな人におすすめのブランドです。

9位 KURO(クロ)

出典:https://search.rakuten.co.jp/

KURO(クロ)は日本のブランドですが海外でも知名度は高く、ジーンズを数多く扱っているブランドです。その人気の理由はウォッシュ加工がかなり本格的で、それが2万円ほどで買えるのでコスパも良いということです。お手頃なジーンズを探している人には一押しのデニムブランドです。

10位 DENHAM(デンハム)

出典:https://www.buyma.com/

DENHAM(デンハム)はジーンズ好きからも評価を得ているブランドです。加工・ダメージジーンズなども細かく展開があり選ぶことができます。ヴィンテージデニムマニアのデンハム氏による確かな加工技術、シルエットが光ります。

【スキニー・細身デニム】メンズジーンズブランドランキング9選

次にシルエットが綺麗に見えるスキニー、細身のメンズジーンズブランドをそろえました。スキニーともなると細身のメンズでないと履けないなどはありますが、履けるメンズにはおすすめのブランド達です。

多くのブランドではストレッチ生地を使っているので、動きやすくなっており機能面もばっちりです。

細身、スキニーブランドは高級ブランドが多く出しています。別の記事で高級ジーンズブランド紹介記事も用意していますのでハイブランドジーンズで探したいあなたはこちらの記事も見てみて下さい。

1位 Dior Homme(ディオールオム)

出典:https://www.buyma.com/

Dior Homme(ディオールオム)のデニムはシルエットが抜群にかっこいい細身テーパードジーンズです。僕も何着も持っているほど好きでおすすめしたいメンズのジーンズブランドです。

写真の様な黒デニムはカジュアルさを抑えて大人のファッションコーデにしてくれます。ストレッチがあるものも多く出ているので履きやすさも備えています。

ノンウォッシュジーンズだけでなく加工ジーンズも出しておりグラデーションの様な色落ちジーンズを出しています。有名な「ジェイク」などが人気のモデルでおしゃれデニムなので要チェックです。

Dior Homme(ディオールオム)のデニムについて書いた記事もあるのでご覧ください。

2位 Saint Laurent(サンローラン)

出典:https://www.buyma.com/

Dior Homme(ディオールオム)と並ぶモード界のトップブランドであるSaint Laurent(サンローラン)はとにかく細いスキニーシルエットのジーンズを出しています。

ストレッチデニムなので伸びがあり動きやすいです。

かなり細いので着れる人を選びますが、Saint Laurent(サンローラン)デニムは他にないシルエットなので着れる人にはおすすめのブランドです。

3位 BALMAIN(バルマン)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

BALMAIN(バルマン)はシンプルなジーンズは無く、ジップがついていたりとバイカーパンツを中心に出しているブランドです。シルエットもかなり細いスニキージーンズですが、ストレッチがある生地なので履きづらさはあまり感じないようになっています。

男らしいワイルドなデザインになっているのでトップスにレザージャケットなどのスタイルが好きなメンズにおすすめのブランドです。

4位 FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)

出典:https://www.buyma.com/

FEAR OF GOD(フィアオブゴッド)はかなり細いスキニーシルエットのジーンズです。

腰から強めのテーパードがかかっている独特のシルエットとクラッシュ加工に定評があります。デザイナーズブランドらしいデザインなので履くだけでおしゃれになるジーンズです。

腰回りは余裕があっても、太もも辺りから非常に細くなっているので、綺麗に履きこなせる人は細身の体型のメンズでないと難しいと思います。

5位 DIET BUTCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャースリムスキン)

出典:https://www.tempt.jp/

DIET BUTCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャースリムスキン)もロックテイストとモードテイストのブランドです。KSUBI(スビ)と同じく細いスキニーシルエットが特徴です。生地はストレッチデニムなので細身でも履きやすく、機能面もあり無理なく着こなすことができます。

6位 Libertad(リベルタ)

出典:https://camp-fire.jp/

Libertad(リベルタ)は聞き覚えがない人がほとんどじゃないでしょうか?現在ネット通販のみで販売しているメンズを中心としたデニムブランドです。シルエットは細身で若干テーパードがかかっています。

価格は加工無しの場合は2万円代。ウォッシュ加工の場合値段は約4~5万円代で上がりますが綺麗な加工です。生地は岡山産、縫製にもこだわっていて、作り手のこだわりが感じられるブランドです。

ノンウォッシュリジッドジーンズも人気ですが、色落ち加工のジーンズにも力を入れており美しい色落ちはリピーターも多くいます。

7位 JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)

出典:https://studious.co.jp/shop/

JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)は日本のモードブランドで、ここのジーンズはFACTOTUM(ファクトタム)やAcne Studios(アクネステュディオス)のジーンズと似ていますが、こちらの方が若干細いテーパードシルエットです。また、リジッドデニムもあり、経年変化による色落ちも楽しめるようになっています。

8位 Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)

出典:https://zozo.jp/

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)はメンズファッションでも有名なデニムブランドです。様々なシルエットタイプがそろっており、それも人気の秘密です。生地は他のデニムブランドに比べると柔らかい方です。

写真はNudie Jeans(ヌーディージーンズ)のジーンズモデルの一つ「GRIM TIM」(グリムティム)というモデルで定番人気です。自然なテーパードで体型がしっかりしたメンズでもかっこよく履くことができます。

9位 APRIL77(エイプリル77)

出典:https://www.amazon.co.jp/

APRIL77(エイプリル77)はスキニーデニムを出しているブランドです。体に張り付くような超細身のスキニーシルエットですが、伸縮性のある生地なので動きにくいということはないです。超細身なので履ける人を選ぶジーンズですが、美しいシルエットなので履けるメンズはチェックしてみて下さい。

【20代、30代おすすめ】メンズジーンズブランドランキング11選

次に年代別におすすめのジーンズを紹介していきます。最初は20代、30代メンズにおすすめのトレンドやシルエットなど好感度もあるメンズジーンズブランドをそろえました。

ブランド名も人気のものがあり、比較的値段も抑えられたものをそろえているので、選びやすいと思います。

1位 Acne Studios(アクネステュディオス)

出典:https://www.arknets.co.jp/

Acne Studios(アクネステュディオス)のジーンズはメンズファッション界でも人気で、多くのおしゃれメンズから人気を博しています。

その理由はシンプルでコーディネートを選ばない細身のシルエット、履き心地の良い柔らかで伸縮性のある素材で幅広い年齢層に支持を得ています。

2位 FACTOTUM(ファクトタム)

出典:https://zozo.jp/

FACTOTUM(ファクトタム)は比較的細めで綺麗なシルエットのジーンズを出しています。ナチュラルな色落ち加工で人気のブランドです。

癖がなくあなたのコーディネートにもすんなりなじんでくれるので、ヘビロテできるジーンズを探しているならおすすめです。

3位 SUPERFINE(スーパーファイン)

出典:https://www.under-bar.com/

日本での取り扱いが少ないSUPERFINE(スーパーファイン)。ストレートジーンズからスキニージーンズまでがあり、どれにしても美しいシルエットなのでモデルなども着用していたりしている知る人ぞ知るブランドです。

4位 LOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)

出典:https://wear.jp/

LOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)のジーンズはとにかく細いです。ほんとに激細なので普通以上の体系の人は履くのができなかったり動きずらかったり、履く人を選びます。

ですが、シルエットは綺麗なのでやせ型の人はチャレンジしてください。

5位 RED CARD(レッドカード)

出典:https://zozo.jp/

RED CARD(レッドカード)は最近メンズファッションだけでなくレディースでも人気が出てきているジーンズブランドです。

立体的な色落ち加工とファッション性の高い細身のシルエットで合わせやすいデザインになっています。

6位 ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)

出典:https://wear.jp/

ENGINEERED GARMENTS(エンジニアードガーメンツ)は生産のほとんどをアメリカで生産しているアメリカのジーンズブランドです。少し太めのストレートジーンズで男らしいファッションを楽しめるブランドです。

7位 NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)

出典:https://www.arknets.co.jp/

ルーズストレートジーンズからストレートジーンズくらいのサイズ感のメンズジーンズを出しているブランドです。

1930~1940年代当時のヴィンテージを再現した少し硬めの14オンス生地を使っています。履き込むごとにあたりが出てきて経年変化を楽しめるブランドになっています。

8位 orSlow(オアスロウ)

出典:https://zozo.jp/

orSlow(オアスロウ)は少しゆとりのあるリラックス感のあるワークジーンズを多く出しているブランドです。

生地や縫製にもこだわっており本格的なジーンズで柔らかい雰囲気のジーンズを探している人におすすめです。

9位 G-Star RAW(ジースターロウ)

出典:https://www.g-star.com/ja_jp

G-Star RAW(ジースターロウ)はブランド名からもロウ(生デニム)からきています。生デニムは通常育てていく(縮む、色落ち、ねじれ)が出てきますが、G-Star RAW(ジースターロウ)はそれが起きません。

それまでのジーンズの概念を取り払ったブランドでもあります。それ以外にも立体裁断などブランド独自のものがあります。

10位 CHEAP MONDAY(チープマンデイ)

出典:https://zozo.jp/

CHEAP MONDAY(チープマンデイ)はスリムなシルエットで綺麗なラインが人気で、あのケイト・モス氏も着用したことで有名になりました。値段も安いので手軽におしゃれを楽しめます。

11位 REPLAY(リプレイ)

出典:https://www.amazon.co.jp/

REPLAY(リプレイ)は幅広い年齢層から人気のイタリアのデニムブランドです。加工ジーンズもかなりそろっており3万円代で購入できるので手軽にジーンズを楽しむことができます。

細身のテーパードジーンズでイタリアブランドらしく、綺麗目なメンズファッションを楽しむことが出来ます。

【40代、50代おすすめ】メンズジーンズブランドランキング9選

40代、50代メンズにはシルエットも綺麗で品質にもこだわった少し高級なメンズジーンズブランドをそろえています。

流行にされない高品質な大人のメンズジーンズを着て、他の人より一つ上にいけるようなブランドでおしゃれにきめて下さい。

1位 RRL(ダブルアールエル)

出典:https://zozo.jp/

RRL(ダブルアールエル)はラルフローレンのデニム生地を中心とした服をそろえたラインです。

海外のメンズジーンズブランドだけにシルエットはルーズストレートシルエットからタイトシルエットまで幅広くそろっています。アメカジデニムブランドですが、シルエットは野暮ったくならないようにされており、僕も愛用しているおすすめブランドです。

縫製もしっかりしており生地やディティールもジーンズ好きも愛用するブランドの1つです!

2位 VISVIM(ビズビム)

出典:https://www.deepinsideinc.com/

中村ヒロキ氏が立ち上げたカジュアルブランドです。もともと靴のブランドでしたが、靴の評価が高くなりトップスやジーンズなども人気なトータルブランドになりました。

VISVIM(ビズビム)のジーンズは、定番のシルエットもストレートジーンズからタイトジーンズまで豊富にあり、自然な色落ちの加工なのであなたのコーディネートにもすんなりはまってくれると思います。

ノンウォッシュジーンズから色落ち加工ジーンズまで様々で、余裕のあるおしゃれな大人カジュアルのジーンズブランドです。

3位 APC(アーペーセー)

出典:https://zozo.jp/

APC(アーペーセー)はジーンズ好きなら大体の人は持っているだろうと言ってもいいくらいジーンズが人気の海外メンズジーンズブランドです。

メインはリジッドデニム(のり付きデニム)で履き込んでいきくっきり色落ちを楽しんだりもできるようになっています。

代表的なモデルは「ニュースタンダード」、「プチスタンダード」、「プチニュースタンダード」というものがあり写真はプチニュースタンダードという一番細身の人気のモデルです。

それぞれストレートジーンズ、弱いテーパードのかかったストレートジーンズ、テーパードジーンズです。

個人的にプチニュースタンダードがおすすめなので、APC(アーペーセー)のプチニュースタンダードについて書いた記事があるのでよければご覧ください。

4位 JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

出典:https://guji-online.com/

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)はテーラードスタイルに合うジーンズを提案しているイタリアのジーンズブランドです。柔らかい生地を使用していて履き心地が抜群です。

テーラードに合うように柔らかな色落ちやストレートシルエットのジーンズが多くあり品の良さが出ているブランドです。

店頭ではポケットに入っているハンカチに香水をしみ込ませており独特の良い香りがしています。

5位 RESOLUTE(リゾルト)

出典:https://shop.zabou.org/

RESOLUTE(リゾルト)はデニム界では有名な林 芳亨(はやし よしゆき)氏が立ち上げたブランドです。

RESOLUTE(リゾルト)は 4種類のジーンズを出しています。それぞれ4種類のモデルにノンウォッシュとワンウォッシュ、レングスの丈などが細かく選べるようになっています。

基本の「410」というモデルはストレートジーンズで癖のない人気のタイプです。

裾を1ロールしてくるぶしをチラ見せするくらいで履くのがブランド推奨の履き方です。ジーンズ界を代表するメンズジーンズブランドです。

6位 KATO’(カトー)/ AAA(トリプルエー)

出典:https://grandmama-and-kato.com/

KATO’(カトー)のサブラインのAAA(トリプルエー)はどちらも柔らかな色落ちで単にヴィンテージを再現しているのではなく、デザインも少し遊び心あるものになっており、現代的なメンズファッションも意識しているブランドです。

少し余裕のあるストーレートに近いジーンズはこなれた大人の余裕を感じます。

7位 SIVIGLIA(シビリア)

出典:https://zozo.jp/

SIVIGLIA(シビリア)はシルエットが非常にきれいなのが特徴のブランドです。テーパードが効いており美脚シルエットになっていますが、伸縮素材になっているので動きやすいです。

また素材開発にも熱心で常にチャレンジし続けているブランドです。

8位 YANUK(ヤヌーク)

出典:https://zozo.jp/

YANUK(ヤヌーク)は男女共に人気でメンズでは細すぎない綺麗なテーパードシルエットに加え清潔感を意識して色落ち加工もグラデーションの様な派手過ぎないものになっています。履き心地も追及しており紳士の為のジーンズです。

9位 AG(エージー)

出典:https://zozo.jp/

AG(エージー)は加工技術が高く、何年も履き込んだかのような自然な色落ちを表現できる海外ジーンズブランドです。

バックポケットには「AG」とわかるステッチが縫われており一目でわかるようにもなっています。太すぎず細すぎない絶妙なシルエットが人気です。

まとめ

メンズジーンズといえど様々なブランドがあり生地、縫製、シルエット、デザインなどブランドごとにこだわっている部分は違い、それぞれの良さがあります。

メンズジーンズブランド選びに迷っている人はこれらを参考に自分に合ったジーンズを選んでください。

また、僕のサイトでは他にも岡山デニムブランド紹介、日本のジーンズブランド紹介などの記事もあるので良ければご覧ください。

岡山デニムブランドの記事はこちら↓

日本のデニムブランドの記事はこちら↓