革製品のメンテナンス方法大公開!必要な革手入れ用品とは?

あなたは革製品のメンテナンス方法を知っていますか?知らずに履き続けて革が傷んだりしては、せっかく買ったお気に入りが台無しです。そうなる前に革の事を知って長く愛用できるようにしていきましょう。

この記事ではできる限り最小限のメンテナンスグッズで手軽なメンテナンス方法や保管方法を書いています。また、なめしの種類、革の種類も書いていますので革の正しい扱い方を知ってメンテナンスに活用して下さい。

革製品のメンテナンス用品(スムースレザー)

タンニンなめしで仕上げられたスムースレザーはそのままでも美しいですが、メンテナンスをすることでより良い経年変化を楽しめるので、定期的にメンテナンスして自分だけの最高の革製品に仕上げて下さい。ここでは家でも手軽にできるようなグッズと方法を紹介していきます。

革製品(スムースレザー)のメンテナンスに必要な物を準備しましょう。スムースレザーとヌバック、スエードではメンテナンス方法が違うので注意です!

写真左側から

  • 馬毛ブラシ(柔らかいブラシ)
  • 豚毛ブラシ(馬毛よりすこし硬い)
  • 汚れ落としクリーナー
  • 栄養補給クリーム(補色)
  • 柔らかい布(メガネふきなどの柔らかい布)
  • 防水スプレー

革製品のメンテナンス方法(スムースレザー)

1.革製品の埃をおとす

まずはブラッシングで革製品についた埃を払い落とします。ブラシの種類によって用途が違うので注意です。

  • 馬毛ブラシ…毛が柔らかい。始めに埃を落とすのに使用。大き目の方が使いやすい。
  • ペネトレイトブラシ…豚毛の小型のブラシです。レザークリームを塗る時に使用。
  • 豚毛ブラシ…馬毛より硬い。ペネトレイトブラシでクリームを塗った後、クリームを伸ばす為に使用。小さい方が使いやすい。
  • 山羊毛…他の毛より高級品。仕上げに磨き光沢を出すために使用。

まず馬毛ブラシで靴についた埃を落としましょう。隙間に詰まった埃やベロの所などもきっちりブラシをしておきましょう。これを行う事でクリームがしっかりつくのできっちりしておきましょう。

2.革製品の汚れを落とす

そして汚れ落とし用のクリーナーを使い泥などの汚れを落としていきましょう。布などにクリーナーをしみ込ませてふき取るように汚れを落としていきましょう。

ブラシとクリーナーで汚れをしっかり落としておかないとクリームが革に上手く浸透していかないので注意です。

3.レザークリームで革製品に栄養を与える

次にレザークリームを塗って革に栄養を与えます。色付きのクリームの場合は同時に補色もできます。クリームはいろんな色が売っていますが、自分の靴と同じか薄めの色を選べば大丈夫です。迷ったらニュートラル色(透明)を選べばどんな色にも対応できます。(ニュートラルは補色はできません)

僕は「モゥブレイ」のレザークリームをメインに使っています。(写真右側)そしてサブで「サフィールノワール」を使っています。サフィールノワールは革製品のメンテナンスにおいて高級メーカーです。高級靴のメンテナンスでもよく使われています。光沢を出したい時に使いますが、僕の革靴は光沢を出したい靴ではないのであくまでもサブです。

使用方法は布にクリームを少量とり薄く伸ばしていきます。つけすぎも良くないので薄く延ばすのを繰り返す方法が全体を均一に塗れます。これで革に油分を含ませて革に柔軟性がでてひび割れを防ぎ寿命を延ばしてくれます。人間の肌に化粧水や乳液を付けるのと同じ感じです。

※上記で紹介したペネトレイトブラシで塗り、豚毛ブラシで伸ばす方法でも可能です。個人的に僕は布で塗る方が薄く均一に塗り込みやすいので布を使っています。

綺麗な布で空拭きして余計なクリームをふき取ります。

これでお手入れ完了です。

4.さらに光沢を出したいなら

ビジネスシューズや高級革製品などにさらに光沢を出したいなら、山羊毛のブラシでブラッシングしましょう。最後のひと手間で自慢の革製品にさらに光沢が出ます。(レザークリームにサフィールノワールを使っていると効果が高いです)

5.革靴に防水スプレーをかける場合

革靴に防水スプレーをかける場合はレザークリームを塗って布でふき取ってから仕上げで行いましょう。吹きかける距離は革靴からある程度(約30cmほど)離して同じ個所に吹きかけすぎないようにましょう。近すぎたり同じ個所に何秒も吹きかけるとしみになるかもしれません。その後通気性の良いところでしばらく乾かして完成です。

※コードバンに防水スプレーをする場合は注意してください。商品の注意事項に書いているか店員さんに使用できるかを聞きましょう。シミになる可能性があるのでコードバン専用でない限りなるべく控えた方がいいでしょう。

この記事を見て革製品のメンテナンスを始めてみようと思った人、手持ちのメンテナンスグッズでないものがあればこちらをご覧ください。

メンテナンス用品はこちら

革製品のメンテナンス用品(スエード、ヌバックレザー)

ここからはスエード、ヌバックレザーのメンテナンス方法です。スムースレザーに比べてメンテナンス用品は少なめで行う事も少なめです。特にスエードレザーは革の裏側なので表革より耐久力が高いです。

因みに僕の持っているスエードブーツは旅行で長時間履いたり、雨に打たれたりなどを約10年間、その間1回もメンテナンスしてませんでした(笑)ですが今でも現役です!そのくらいスエードは丈夫です。

写真左側から

  • ワイヤーブラシ
  • ゴムブラシ
  • スエード、ヌバック用汚れ落とし
  • 起毛革用保革、色蘇生剤
  • スエード、ヌバック用栄養・防水スプレー

革製品のメンテナンス方法(スエード、ヌバック)

1.革製品の埃を落とす


まずは、スムースレザーと同じく革製品についた埃などを払いましょう。その時に使うのがゴムブラシです。スムースレザーと違い起毛しているので毛の奥に詰った埃もしっかり払いましょう。

2.革製品の黒ずみや汚れを落とす

次に起毛革にも使える消しゴムタイプの汚れ落としを使います。汚れている部分を消しゴム感覚でこすって汚れを落としましょう。使用後はカスを払い落とします。

3.スプレーで革製品に栄養を与える

写真左側の起毛革用スプレーをふりかけて革に栄養を含ませます。革から少し離して全体に吹きかけます。

しばらく通期の良いところで乾かしましょう。

4.革製品の補色をする場合

起毛革製品も長年使っていると日焼けなどで色あせていきます。色あせてきたら補色剤を使いましょう。

塗りすぎると色むらができてしまうので1度に1か所に塗りすぎるのはやめましょう。

その後ワイヤーブラシで毛並みを整えます。スムースレザーで使う柔らかいブラシだと起毛革の毛を立たせることは難しいので、硬いワイヤーブラシを使いましょう。

メンテナンス用品はこちら

革製品の保管方法

革を保管する時は風通しのよく直射日光の当たらない所で保管しましょう。

日光に当たり続けると日焼けして変色していきます。また湿度が高いところで長く置いておくとカビが生えたりもするので注意です。除湿剤や消臭剤を置いておくと良いです。

もし、靴が雨で濡れてしまった場合はまずは乾燥させましょう。僕は湿気のない風通しの良い場所で新聞紙を靴の中に入れて乾燥させています。新聞紙は簡単に手に入り除湿効果と消臭効果もあるのでおすすめです。

また、革靴の保管時にシューキーパーを使うのもおすすめです。靴の形が固定され型崩れを防げます。革靴のメンテナンス時もシューキーパーで固定すると靴が変形しないのでメンテナンスしやすいのでおすすめです。

乾燥したら上で説明した革のお手入れをしてください。ほっておくと革が硬くなりダメージの原因になります。ヌメ革などが水でシミになった場合はとることが難しいです。経年変化の1つとしてそのままにしておくか、気になるようなら革のメンテナンス職人に見てもらいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?様々な革がありますがメンテナンス方法は

  • スムースレザー
  • 起毛革(スエード、ヌバックなど)
  • コードバン

この3種類の革製品でメンテナンス方法が違うので気を付けましょう。基本的に革製品は長く保管するより、普段から使い続ける方が柔軟で長く使っていくことができます。手の油が革製品につくので自然とオイルクリームを塗っているような感じなんです。

なので普段から使用して、その後のメンテナンスをしっかりして長く自分の革製品を愛用していきましょう!

革のメンテンテナンスをしてみようという人はこちらからメンテナンスグッズをご覧ください。

メンテナンス用品はこちら

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります