メゾンマルジェラジャーマントレーナーはカジュアルファッション好き必須!

ブランドスニーカーを探しているあなたにおすすめのスニーカーブランドの1つがmaison margiela(メゾンマルジェラ)です。そのメゾンマルジェラから定番で出ているスニーカーがジャーマントレーナーです。

メゾンマルジェラのジャーマントレーナーはファッション好きの人気を集めるアイテムです。

あなたがスニーカー選びで迷っているならマルジェラのジャーマントレーナーは最高のブランドの1つになると思うので是非ご覧ください。

ジャーマントレーナーとは?

まず「ジャーマントレーナー」とはどういうものでしょうか?実はジャーマントレーナーは1970年~1980年ほどに西ドイツ軍がトレーニングで使っていたスニーカーなんです。

軍用のスニーカーなのでジャーマントレーナーは丈夫なのが特徴です。そんなジャーマントレーナーはスポーツブランドやメンズファッションブランドまでさまざまなブランドが出しています。

それぞれブランド独自の特徴を出していますが、デザインの原型残しており、丈夫という特徴も受け継いでいます。

ジャーマントレーナーをモチーフとしたシンプルなデザインと確かな品質、そして高いブランドネームがあるので他のスニーカーとはまた違った特徴があります。

maison margiela(メゾンマルジェラ) のジャーマントレーナー

このジャーマントレーナーを出しているブランドの一つにメゾンマルジェラがあります。ジャーマントレーナーというモデルをメゾンマルジェラによってアレンジされている為、レプリカというシリーズから出ています。

レプリカシリーズにはジャーマントレーナー以外にもTシャツ、カーディガンなどの様々なものが出ています。

メゾンマルジェラのジャーマントレーナーの特徴はデザインは少しカジュアルになっており、現代のメンズファッションに合わせたものになっています。

また使われている素材もメゾンマルジェラの得意とする柔らかく上質な革が使われています。ジャーマントレーナーのミリタリー要素とメゾンマルジェラの緩さのある上品感が上手くかみ合っています。

メゾンマルジェラのスニーカーと言えばジャーマントレーナー以外にもたくさん出ていますが、このモデルが最も人気です。白ジャーマントレーナーの場合は白レザーにグレースエードのパーツがアクセントとなり、ラバーソールがぐるりと周りこんだ作りになっています。

そして吐き口のカレンダータグがしっかり主張しています。レプリカシリーズではどこかに写真の様なREPLICAと書かれたタグが付いています。ジャーマントレーナーもレプリカシリーズなのでこのタグが付いています。

ジャーマントレーナーの色味で悩んでいるあなたは、個人的に使い勝手が一番いい白がおすすめです。白のスニーカーは合わせにくい色はほぼ無いといっても良いくらいです。(パンツも白といった同色は難しいかもしれません)

そのくらい使いまわせる色なので白スニーカーを持っていないならジャーマントレーナーの色味で悩んでいるあなたは、個人的に使い勝手が一番いい白がおすすめです。 白ジャーマントレーナーはヘビロテの1足になるはずです。

maison margiela(メゾンマルジェラ) ジャーマントレーナーのサイズ感

僕個人が実際に履いている経験ですが、メゾンマルジェラのジャーマントレーナーは細身なので、足の横幅が大きい人は一つ上のサイズが良いと思います。横幅が大きくない人はジャストサイズで大丈夫と思います。

特に横足の幅が広い人はいつものサイズだと少しきついかも知れません。僕が足の横幅が広いので始めは若干きつかった思い出があります。

一番は店舗に行って試着できるならそれが一番ですが、近くに店舗がない人は上記を参考にしてもらえたらと思います

因みにシルエットはPUMAのローカットスニーカーに似ているので、それで事前確認しても良いと思います。

maison margiela(メゾンマルジェラ) ジャーマントレーナー黒スニーカー

出典:https://www.ssense.com/ja-jp

スタンダードモデルとも言える白のタイプも人気ですが、黒バージョンも人気の高いモデルです。

オール黒という色合いと、スエード使いが品のある印象を与えてくれます。スラックスパンツのドレスダウンや濃い色味のデニムなら、こちらの方がモードなコーディネートになります。

写真はオール黒ですがソール部分だけ茶色(ゴム色)のモデルもあるので好みで使い分けれます。

maison margiela(メゾンマルジェラ) ジャーマントレーナー「ペンキ加工スニーカー」

出典:http://www.glamour-online.jp/blog/niigatamen/

白モデルにペンキを飛ばしたモデルもあります。独創的なデザインで周囲と違いを見せることができます。クオリティが高いことと、デザインがシンプルなので汚れたという印象ではなくカラフルなスニーカーといった印象です。

毎シーズン新しいモデルがリリースされていることからも人気のほどが理解できますね。適度なユーズド感とシンプル過ぎない感じがメゾンマルジェラ好きのメンズに人気です。

ペンキ仕様の他にも、落書きしたようなものやペイントを凝らしたもの、さらにはエナメルなど素材を変えたものまで様々なデザインが毎年出ているので気になるあなたはチェックしてみて下さい。

maison margiela(メゾンマルジェラ) ジャーマントレーナー「ハイカットスニーカー」

出典:https://www.ssense.com/ja-jp

ジャーマントレーナーはローカットモデルですが、maison margiela(メゾンマルジェラ)からはハイカットにアレンジされたモデルもあります。

ハイカットになっても元々シンプルなデザインなのtと、高さも高すぎないので合わせやすいデザインだと思います。パンツの裾をスニーカーにかぶせることでローカットのように見せることもできるので兼用できます。

僕個人的にハイカットのスニーカーが多いのでこちらのモデルが好きです。

出典:https://www.rakuten.co.jp/

maison margiela(メゾンマルジェラ)から斬新なTABIのハイカットモデルがあります。TABIシリーズは一見コーディネートが難しそうに思いますが、履き心地も含めて今までにないデザインに触れることができます。

ハイカットモデルなので、短めのワイドパンツに合わせてゆるい感を出すのもよいいですし、細身のパンツでタイトに合わせても合うと思います。

ハイカットモデルなので脱ぎ履きが心配という方がいると思います。しかしシューレースはアクセサリーで、ゴム仕様になっているので、スムーズな着脱ができます。

どっしりとしたボリュームを生かして、着こなしのバリエーションを広げてください

maison margiela(メゾンマルジェラ)ジャーマントレーナーのコーディネート

メゾンマルジェラのジャーマントレーナーを使ったコーディネートを紹介します。シンプルで癖のないデザインが多いので、あなたが今持っている服ともすんなり合うと思います。

シンプルジャーマントレーナーのコーディネート

まずは黒系のコーディネートにベージュのmaison margiela(メゾンマルジェラ)ジャーマントレーナーを合わせています。

黒系といってもシャツがマスタード色でジャーマントレーナーと同系色なので差し色で合わせています。細身のパンツとジャーマントレーナーで少し抜け感のあるモードになっています。

やりすぎない感じがおしゃれの上級者だと思います。

maison margiela(メゾンマルジェラ)のジャーマントレーナーのアップ写真です。

真っ白のジャーマントレーナーも良いですが、今回のコーディネートでは黒系なので白だと色のメリハリがはっきりしすぎてしまうので、ベージュの方が色のバランスが良いと思います。

次にワイドパンツとmaison margiela(メゾンマルジェラ)のジャーマントレーナーを合わせたコーディネートです。

こちら実はハイカットモデルになるのですがパンツをかぶせることでローカットのように履くこともできます。

ワイドジーンズやスウェットシャツでカジュアル感が強く出ていますが、レザージャケットでそれを締めています。更にシンプルなジャーマントレーナーでクリーンさも出しているので、男っぽい野暮ったさも多少改善されて今くまとまったコーディネートです。

同じくワイドパンツのコーディネートになります。グレーのワイドスラックスとスエードレザージャケットで少しモード感もありますが、パンツがワイドなのでリラックス感のあるmaison margiela(メゾンマルジェラ)らしいコーディネートです。

ベージュのジャーマントレーナーでモードの中にもスポーティさもあって、余裕のある大人を演出しています。

柄物ジャーマントレーナーのコーディネート

今度は少しデザインが入ったmaison margiela(メゾンマルジェラ)のジャーマントレーナーです。

写真の様な少し使い古したようなデザインやペイントのデザインの入ったジャーマントレーナーを合わせる時は服はシンプルなコーディネートがあわせやすいです。

柄物でないシンプルなコーディネートだとジャーマントレーナーの柄がアクセントになりメリハリが効いてかっこよくなります。

柄物のスニーカーはハードルが高いかもしれませんが、コーディネートを控えめにして合わせてみて下さい。

カラフルジャーマントレーナーのコーディネート

色物のジャーマントレーナーだと柄物と同じくシンプルなコーディネートだとスニーカーがワンポイントカッコよく決まります。

ここではモノトーン系でコーディネートしていますが柄物と違って多少服にも色を足しても面白いと思います。

こちらも青ジャーマントレーナーが黒のコーディネートにアクセントを加えています。モノトーンコーデの場合ジャーマントレーナーが映えてきます。

クロップド丈でジャーマントレーナーが更に映えています。軽快なスポーティスタイルでもかっこよく決まります。

他のブランドのジャーマントレーナー

ジャーマントレーナーは他のブランドからも出ています。その中から2つ注目のブランドを紹介します。

タナカユニバーサルのジャーマントレーナー

こちらはタナカユニバーサル社のジャーマントレーナーです。タナカユニバーサル社というのは…

上記で書いたようにジャーマントレーナーとは当時のドイツ軍のトレーニングシューズです。その軍用ジャーマントレーナーの生産が終了した後に、当時の木型、素材、アウトソールなどのデザイン等々を正式に受け継いだブランドです。

ある意味正式なレプリカジャーマントレーナーです。ファッションアイテムを集めていたり、当時の物を精巧に作ったものが好きなメンズには注目のアイテムではないでしょうか。

当時の作り(軍用)を継承しているので丈夫さはもちろん足への負担なども軽減されるよう考えられているので、機能面もばっちりです。

Dior homme(ディオールオム)のジャーマントレーナー

こちらはDior homme(ディオールオム)が出しているジャーマントレーナーです。やはり細身が似合うブランドなので細身のジーンズなどと合わせるとより一層品良く決めれます。

細身のシルエットが美しく、スエードのパーツ使いがmaison margiela(メゾンマルジェラ)と似ています。

maison margiela(メゾンマルジェラ)のジャーマントレーナーとの違いですが、黒のサイドラインがワンポイントであるのでDior homme(ディオールオム)ジャーマントレーナーの違いと言えます。

さらにややロングノーズになっているので脚の線をキレイに映してくれます。

やはりDior homme(ディオールオム)のジーンズに合わせたいス二―カーです。既に終売になっているようなので、新品の入手は困難ですが古着屋などに程度のいいものが見つかるかもしれません。

まとめ

maison margiela(メゾンマルジェラ)のジャーマントレーナーはメンズファッションにおいて、どんなスタイルにも合わせれる万能スニーカーということがわかりました。

さらに元々軍物なので丈夫さもあり長く使えるものになっています。

maison margiela(メゾンマルジェラ)のジャーマントレーナーは毎年出ているので、その人気ぶりがわかります。中でも白や黒など定番色はともかく、他の色や柄物のジャーマントレーナーは毎年出ているものではないので、気になる場合はその年に購入しないと次はいつになるかわかりません。

流行りすたりのない長く使えるスニーカー、ジャーマントレーナーであなたのファッションコーディネートにアクセントを加えてみてはいかがでしょうか。

最初のコメントをしよう

必須