【ブーツ種類】メンズブーツの種類11選|種類別人気ブランドも紹介

メンズブーツを探しているけど、どんなブーツがあるのでしょうか。メンズのブーツでもカジュアルなものからモードなものまで、様々なファッションに合わせれるブーツがあります。

そんなブーツ探しで迷っているあなたの為に、メンズブーツの種類とそれぞれでメンズブーツブランドをいくつか紹介していますのでご活用ください。

サイドゴアブーツ

出典:https://zozo.jp/

サイドゴアブーツはその名前の通り両サイドにゴア(伸縮性のあるゴム布素材)がついています。シューレース(靴紐)がなく両側のゴアのおかげで脱ぎ履きがしやすいブーツです。

短靴タイプのシューズ感覚で履けるサイドゴアシューズもあります。光沢がある種類のブーツが多いのでドレスよりになりますが、履きやすさなど気軽に履けるのもポイントです。

サイドゴアブーツのブランドランキング記事もあるので良ければご覧ください。

チャッカブーツ

出典:https://zozo.jp/

チャッカブーツはシューレース(靴紐)を通す穴が3つほどで、くるぶし丈くらいのブーツです。シューレースがあるブーツは足のサイズで多少の調節ができるメリットがあります。

チャッカブーツはアッパー(靴の上側の革)もスムースレザーやスエード(革の裏側を使った毛羽立った革)など様々です。

この記事でも紹介しているデザートブーツとほぼ同じデザインですが、デザートブーツはゴムソールが使われているという違いがあります。

僕も愛用しているブーツの種類の1つで、メンズファッションとしてコーディネートの幅も広く、脱ぎ履きもしやすいので、おすすめしているブーツの種類です。

ワークブーツ

出典:https://zozo.jp/

ワークブーツは、シューレースのついたくるぶし丈のブーツで多くのブランドから出ているブーツの種類の1つです。有名なブーツブランドのTimberland(ティンバーランド)もワークブーツブランドに属しており、メンズファッションとは身近にあるブーツの種類です。

チャッカブーツなどと同じく、メンズファッションに合わせやすく長く履けるデザインなのでカジュアル好きに人気のブーツです。

チャッカブーツより丈が少し長いので、パンツをかぶせてコーディネートしても、ブーツにインしてもどちらでもコーディネートできる万能ブーツです。

Timberland(ティンバーランド)

出典:https://zozo.jp/

カジュアルブーツと言えばTimberland(ティンバーランド)です。キャメル色でデニムとよく合うので若い人に人気のブランドです。

写真の様なブーツタイプ以外にもショートブーツタイプやスニーカータイプなどブーツの種類も様々です。

guidi(グイディ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

guidi(グイディ)は使いやすいワークブーツなども出しています。ヌメ革(染色や仕上げ加工をしていない革)でナチュラルなので様々なメンズファッションに合わせることが出来ます。

guidi(グイディ)のブーツのソールはすべてグッドイヤーウェルト製法という製法で作られているので、ソールの張替えも楽でアッパー(足の甲の部分の革)への負担が少ないので長く履き続けることが出来ます。

グッドイヤーウェルト製法など靴の製法について書いた記事もあるので良ければご覧ください。

PETROSOLAUM(ペテロオラウム)

出典:https://www.fascinate.jp/japanese/

PETROSOLAUM(ペテロオラウム)も日本の革靴ブランドでワークブーツ、チャッカブーツの様な種類のメンズブーツを出しているブランドです。

比較的綺麗目なデザインとメンズファッションで合わせやすいブーツなので流行に左右されない長く愛用できるメンズ靴ブランドです。

RED WING(レッドウイング)

出典:https://www.amazon.co.jp/

ワークブーツと言えば人気、知名度共に高いのがRED WING(レッドウイング)です。定番で出ている赤みがかったブラウンのアッパーに、ラバーソールのブーツは多くの人が愛用しているのではないでしょうか?

コーディネートもジーンズに合わせてカジュアル、アメカジで男っぽくきめることが出来るのも魅力的です。

エンジニアブーツ

出典:https://zozo.jp/

男性くさいデザインが印象的なのがエンジニアブーツです。名前の通り作業者の為に作られたブーツで、引っかからないようにシューレースはありません。代わりにベルトが足の甲あたりについています。

また、ブーツの上部にもベルトがついており、デニムなどのパンツをブーツインした時に裾が出てこないように締めれる構造になっています。

つま先は作業者の安全の為、金属などが入ってたりします。丈夫なつくりなのでバイク乗りがよく履いていたりとメンズに好んで履いているブーツの種類です。

m.a+(エムエークロス)

m.a+(エムエークロス)はブーツが有名なアルチザンのハイブランドです。m.a+(エムエークロス)のブーツは上質なレザーを使っているのはもちろんなのですが、縫製にもこだわっていて1枚革(ワンピースレザー)で作られているのでステッチ(縫い目)がほとんどないので抜群の履き心地です。

履き心地の秘密はマッケイ製法という製法を用いられているので、購入したばかりでも抜群の履き心地があります。自然と足が前に出るような m.a+(エムエークロス)のブーツはファッション好きのメンズにおすすめのハイブランドです。

BUTTERO(ブッテロ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

着丈長めの男らしいブーツが多くあるのがBUTTERO(ブッテロ)です。エンジニアブーツは更にその男らしさがあふれるものになっています。

シボ感のあるレザーは丈夫さがあり、傷もつきにくいのでバイク乗りの人にもどんどん履いていけるものになっています。

CHIPPEWA(チペワ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

CHIPPEWA(チペワ)はワークブーツを中心に出しているブランドです。実際に作業靴や軍に提供されたりと丈夫さに定評があります。重厚感あるデザインはアメカジ好きにも人気のメンズブーツブランドです。

スノーブーツ

出典:https://www.rakuten.co.jp/

積雪時などに履かれるスノーブーツ。今ではファッションとしても親しまれています。機能面も考えるなら防水タイプや軽量なものを選ぶといいと思います。

履くと可愛らしい印象なので、カジュアルとはまた違う印象になります。太目のジーンズとなどと合わせてアメカジファッションもかっこいいです。

The north face(ザ・ノースフェイス)

出典:https://zozo.jp/

The north face(ザ・ノースフェイス)はアウトドアブランドとして有名です。マウンテンパーカなどが有名ですがブーツもあり、中でもスノーブーツはさすがのアウトドアブランドらしく、暖か味のあるウールのブーツになっています。

HAWKINS(ホーキンス)

出典:https://search.rakuten.co.jp/

Timberland(ティンバーランド)と似ているブランドでワークブーツブランドのHAWKINS(ホーキンス)でもスノーブーツは出ています。さすがのブーツブランドなのでその品質と低価格で買えるコスパの良さも人気の秘密です。

定番のキャメル色のブーツも人気で、Timberland(ティンバーランド)と比較してHAWKINS(ホーキンス)は少し安めです。

トレッキングブーツ

出典:https://zozo.jp/

ブーツの名称からもわかるように登山用のブーツとして作られましたが、今ではメンズを中心にファッションでも多用されているブーツの種類です。

シューレースがないブーツはモード色が強いのに対し、トレッキングブーツはシューレースが存在感がありアクティブな印象も出ます。

重厚感があり露骨な感じがしてファッションに合わせにくそうですが、そんなことはないです。綺麗目、細身のコーディネートに合わせると綺麗にはまるのでおすすめコーディネートです。

guidi(グイディ)

おすすめブランドであるguidi(グイディ)は何度も紹介していますが、このブランドからもトレッキングブーツは出ています。

guidi(グイディ)のトレッキングブーツのおすすめのポイントはトゥ(つま先)の横幅が抑えられて露骨な印象が減るので、コーディネートしやすいです。

miharayasuhiro(ミハラヤスヒロ)

出典:https://zozo.jp/

靴ブランドのmiharayasuhiro(ミハラヤスヒロ)でもトレッキングブーツは出ています。写真のブーツはかなりボリュームがあり存在感抜群です。

かなりの存在感なので服も太目の服でコーディネートしてもいいかもしれません。

WESCO(ウエスコ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

WESCO(ウエスコ)はアメカジ色のあるブーツブランドです。頑丈な作りと1つ1つ手作業で作られたブーツは長期にわたって履くことが出来るのも人気の理由です。ワークブーツを中心に出しているブランドですが、品の良さもあり程よいデザインもおすすめです。

また、もう一つの人気の理由としてカスタムブーツができることです。レザーやステッチ、ソール等々を組み合わせて自分だけのブーツをオーダーできます。

長く愛用していくからこそ、妥協無しの最高のブーツを探せると思います。

ペコスブーツ

出典:https://zozo.jp/

ペコスブーツは元々農業用で使われていたブーツです。ショート丈のブーツからロング丈まで様々なメンズファッションに多用されています。エンジニアブーツと似ていますが、ペコスブーツはベルトがなく、ショート丈などもあるので様々なデザインがあります。

ジップがついているデザインは着脱がしやすいのでストレスなく使えて便利です。僕も何足か持っており、チャッカブーツ、ワークブーツなどと並んでよく履くメンズブーツの種類です。

Boris bidjan saberi(ボリスビジャンサベリ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

まず、ペコスブーツで最初に紹介するのがBoris bidjan saberi(ボリスビジャンサベリ)です。聞いた事もないブランドかもしれませんが、僕のおすすめブランドです。

服がおすすめなのですが、ブーツも男らしい印象でかっこいいです。高額なブランドですが品質なども高く、デザインの奇抜さに目がいきがちですが細かなところにも技術の高い技が隠れているアルチザンブランドのメンズブーツです。

ブーツも人気ですがスニーカーなどシューズ全般も人気があります。

Boris bidjan saberi(ボリスビジャンサベリ)のアイテムについて書いた記事もあるので良ければご覧ください。

CAROL CHRISTIAN POELL(キャロルクリスチャンポエル)

CAROL CHRISTIAN POELL(キャロルクリスチャンポエル)は同じくアルチザンブランドです。価格はかなり高額ですが、そのデザイン、アイデア、品質、技術、丈夫さ、履き心地など様々な部分にこだわりつくされた職人ブランドです。

Boris bidjan saberi(ボリスビジャンサベリ)と同じくあえて光沢を抑えたマットなブラックブーツで、購入当初からこなれた雰囲気を出せます。

m.a+(エムエークロス)

続いてもアルチザンブランドのm.a+(エムエークロス)です。レザーアイテムを中心にメンズに人気のあるブランドです。特にブーツが人気があり、履いたらその履き心地の良さにびっくりすると思います。

このブランドも様々なところにこだわりつくされたアイテムが並ぶので、一度みてほしいハイブランドです。またスニーカーなどシューズも出しています。

m.a+(エムエークロス)のアイテムについて書いた記事もあるので良ければご覧ください。

maison margiela(メゾンマルジェラ)

知っている人も多いと思いますハイブランド、maison margiela(メゾンマルジェラ)からペコスブーツが出ています。写真のブーツは日本の足袋のデザインを合わせた「足袋ハイヒールブーツ」で、国内だけでなく海外でもメンズから絶大な人気を得ているブーツです。

ヒールのあるタイプの中でもショート丈などもあり、他にもヒールのないソールが平面になっている本当に足袋の様な足袋ブーツも出しています。

少しコーディネートが難しそうですが、他のブランドではない斬新なデザインのブーツでまわりの人と違うファッションを楽しんでみてはどうでしょうか?

maison margiela(メゾンマルジェラ)のアイテム全般について書いた記事もあるので良ければご覧ください。

ムートンブーツ

出典:https://zozo.jp/

ムートン素材を使った暖か味のあるブーツです。スノーブーツよりファッションとして身近に使えるのがおすすめです。レディースに人気がありますが、メンズのムートンブーツもあるので冬に履いて暖かくファッションを楽しむことが出来ます。

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)

出典:https://zozo.jp/

アウトドアブランドのWhite Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)からもムートンブーツが出ています。

ノスタルジック柄がおしゃれなムートンブーツです。少し特徴のあるデザインなので、服はシンプルなものとコーディネートするとかっこいいと思います。

UGG(アグ)

出典:https://zozo.jp/

UGG(アグ)と言えばムートンブーツというくらい定番のブランドです。メンズのスノーブーツも出しているのでデニムなどと合わせてカジュアルコーデできめるのがおすすめです。

フリンジブーツ

出典:https://zozo.jp/

インディアン調のデザインで人気なのがフリンジブーツです。アメカジよりのデザインなのでデニムとの相性は抜群です。

スエード革の物が多く、ハードな印象を和らげてくれています。アメカジ好きなメンズならおすすめのブーツの種類です。

またブランドの種類によっては、フリンジ部分は取り外しできるものもあるので、チャッカブーツなどのように履くこともできます。

SAINT LAURENT(サンローラン)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

高級モードブランドSAINT LAURENT(サンローラン)のフリンジブーツは品があるのでアメカジすぎずモード過ぎない絶妙なデザインが特徴です。

SAINT LAURENT(サンローラン)はジーンズなども人気なので、当ブランドで人気の細身のパンツ、レザージャケットなど同じブランドでそろえると雰囲気を出せます。

VISVIM(ビズビム)

出典:https://www.farfetch.com/jp/

VISVIM(ビズビム)は元々靴ブランドなのでブーツやスニーカーは品質が高くおすすめです。VISVIM(ビズビム)は様々なカジュアルブーツを出していますが、フリンジブーツもその一つです。

靴ブランドなので機能面も考えられており、デザインもやり過ぎ感がなく僕もおすすめのメンズブーツブランドです。

デザートブーツ

出典:https://zozo.jp/

デザートブーツは砂漠などの砂の上を歩く時に履くために作られたブーツです。作りも砂が靴の中に入りにくいようになっています。デザインはチャッカブーツと似ていますが、細かなところで違いがあります。

デザートブーツはソールがラバー(ゴム)ソールでチャッカブーツはレザーソール、アッパーはで言うとデザートブーツはスエードが使われています。

ソールがラバーなので滑りにくくアッパーもスエードなので手入れも楽で丈夫なので長く履けるメンズにも人気のブーツの種類です。

White’s Boots(ホワイツブーツ)

出典: 出典:https://zozo.jp/

アメリカのメンズブーツブランドです。重厚感あるブーツが揃っておりアメカジ好きにはたまらないブーツばかりです。ワーク系のブーツが多くそろっており、デザートブーツと同じくラバーソールのブーツも多々あるのでアウトドアにも履いていくことが出来ます。

Church’s(チャーチ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

Church’s(チャーチ) は英国のシューズブランドで品のある高級ブーツが多く出ています。カジュアル感のあるスエードブーツでも横幅が抑えられている為、カジュアルすぎない印象を与えてくれます。

ソールはグッドイヤーウェルト製法で作られているので丈夫でソール張替え時もアッパーへの負担を抑えることが出来ます。

カントリーブーツ

出典:https://zozo.jp/

カントリーブーツは紳士用のワークブーツとも言われており、一般的にくるぶしより上の丈の編み上げブーツの事を指します。デザインによってはワークブーツかカントリーブーツかわかりにくい物もあります。

様々なブランドが出しているデザインで流行にも左右されず、コーディネートにも取り入れやすいので一生モノとして買うのもおすすめのブーツの種類です。

ANN DEMEULEMEESTER(アンドゥムルメステール)

出典:https://www.buyma.com/

ANN DEMEULEMEESTER(アンドゥムルメステール)はデザイナーズハイブランドですが、アルチザンブランドに近いブランドです。

レディースアイテムが有名ですがメンズもでています。モノトーンのアイテムが多く、写真の様なブラックカントリーブーツは男らしくコーディネートできます。

パンツをブーツにかぶせたり、ブーツの上に乗せて履いたりなど、ブーツの見せ方で雰囲気が変わるおすすめブーツです。

Tricker’s(トリッカーズ)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

Tricker’s(トリッカーズ)はカントリーブーツが有名なメンズブーツブランドです。英国ブランドで紳士らしく品の良いデザインが魅力です。

Tricker’s(トリッカーズ)らしい特徴的なウイングチップ(つま先のW字になった切替し革の部分)やメダリオン(革に穴の模様の事)などがあるのも特徴です。

編み上げがなくサイドゴアブーツと合わさったハイブリッドなブーツでメンズファッションを楽しんでほしいです。

C-DIEM(カルペディエム)

出典:https://www.rakuten.co.jp/

C-DIEM(カルペディエム)はブーツなどのレザーを中心に人気が高いブランドです。熱狂的なファンがいるほど人気で、露骨で男らしいアイテムが多くあります。

ブーツもその一つで、シンプルなデザインとレザーの品質の高さで一生ものとして長く履けるのも人気の理由です。

まとめ

ブーツと言ってもメンズブーツには様々な種類があり、印象や用途が違うことがわかったと思います。

この記事で紹介したメンズブーツは高額なものが多いですが、一生モノとして自分だけの味がついたブーツを愛用してみてはいかがでしょうか。

また、ブーツは定期的にメンテナンスをすることで長く履き続けることが出来ます。

手入れの方法を書いた記事もあるので良ければご覧ください。

ブーツ以外にもスニーカー好きなメンズの為に人気のハイブランドスニーカー記事もあるのでご覧ください。

最初のコメントをしよう

必須